キャバクラの基本的な知識

キャバクラの仕事内容まとめ│キャバ嬢って何をするの?

ワイン

そもそもキャバクラって?

シャンデリア
ざっくり言えば、キャバクラは「お酒を飲みながら、楽しくおしゃべりする場所」です。1時間ほどの時間制が基本で、初来店のお客さんであれば2、3人のキャバ嬢が交代で接客します。

よくガールズバーと混同されがちですが、キャバクラはカウンター越しではなく、お客さんの横に座って接客することが大きな違いです。ワイワイと盛り上がるのはもちろん、相談や愚痴を聞いたり、時には疑似恋愛をしたりと、様々なシーンで利用されています。

ただしここで注意したいのが、キャバクラはあくまで「飲食店」であり「風俗店」ではありません。

キャバ嬢の「過剰接待」は禁止されており、逆にお客さんのオサワリ行為も禁止されています。

キャバ嬢の仕事内容

ワイン
キャバ嬢は綺麗なドレスを着たり、高いお酒を飲んだりと、何かと華やかな職業です。しかしその反面で「究極の接客業」と言われているように、非常に高いレベルの気遣いが求められます!

ここでは、そんな接客のプロであるキャバ嬢の主な仕事内容をご紹介します。

お客さんのタバコに火を付ける

最近では、電子タバコを吸われる方が増えましたが、紙タバコの場合は、キャバ嬢が火をつけることが基本です。

もしタバコを吸う素振りを見えれば、すぐにライターが出せるようにしておきましょう。

ポイント

このとき火が飛ばないように、まずは手元で火の勢いを確認することがポイントです。

また火をつける時に、空いている手を添えるとスマートに見えますよ!

お酒を作る

キャバクラには沢山のお酒の種類があり、普通の居酒屋には置いていない銘柄も多いので、最初は戸惑ってしまうかもしれません。

とはいえ銘柄を全て覚える必要はなく、作り方さえ覚えていれば大丈夫です!

よく注文される焼酎やウイスキーの水割りであれば、

  1. トングで氷をグラスいっぱいに入れる
  2. マドラーで混ぜて、グラスを冷やす
  3. 好みの濃さを聞いて、お酒と水を注ぐ
  4. 軽くマドラーで混ぜる
  5. 水滴をハンカチで拭き取る

の順番で作ります。

お客さんのグラスが空になる前に「おかわりどうされますか?」と聞いて、注文されたお酒を作りましょう。

お客さんとおしゃべりする

キャバ嬢の力量は、コミュニケーションが大きなウェイトを占めます。

ただし「おもしろい話なんて出来ない・・・」という方も、あまり気にする必要はありません。

なぜなら、キャバ嬢の話を真面目に聞こうと来店される人は、あまりいないからです。

キャバクラではどちらかというと「聞き上手」が重宝されます。

どぎつい下ネタを言われたり、面白くもない自慢話を永遠とされても、

  • ずっと笑顔でいられる
  • 気持ちの良いリアクション
  • 興味があるように振る舞える

のように、上手く立ち回れる人が喜ばれるでしょう。

慣れるまでは大変ですが、努力次第でなんとかなる部分が多く、人生においても何かと役立つスキルでもあります!

同伴

同伴とは「お客さんと出勤前に店の外でデートをしてから、一緒に出勤すること」です。お店とは違った2人っきりの空間なので、より仲を深めることが出来るでしょう。

多くの場合は、食事に連れて行ってもらうことが多く、場合によってはショッピングに行って、プレゼントを買ってもらえることも!

また「同伴バック」が付くことが基本であり、来店された時点で指名扱いにもなることも大きなメリットです。

時給は出ませんが、何かとプラスが多いので効果的に利用したいシステムです!

アフター

アフターは、同伴とは逆で営業終わりにバーやカラオケに行くことです。

こちらはよりプライベート感が強く、時給はもちろん、特別な手当てやバックも発生しません!盛り上がった席のみんなで飲みに行ったり、いつもお世話になっている常連さんと飲みに行ったりと、二次会的なノリで考えておきましょう。

ただし信頼のあるお客さんだからと、気を抜いてしまうと危険な目に遭いかねません!!

なので、

  • お酒を飲みすぎない、飲ませすぎない
  • お店は自分で選ぶ
  • お客さんの車には乗らない
  • 個室のお店には行かない

などの最低限の注意は忘れてはいけません。

LINE営業をする

接客に力を入れることも大切ですが、次の来店に繋げるためには、LINE営業も忘れていはいけません。

かと言って、いきなりの

  • 「今日お店来られるますか?」
  • 「一緒に飲みませんかー?」

のようなガツガツした営業は、ウザがられてしまいます。

連絡先を交換したら、

「今日はごちそうさまでした?」

のようなお礼のLINEから、コツコツと関係性を築き上げましょう。

またLINEでメッセージを送るだけではなく、タイムラインで

  • イベントの告知
  • SNSのような近況報告
  • 出勤連絡

などの情報を発信することも効果的です。

キャバクラの仕事内容は働いてから覚える方がいい

体験
以上が、キャバ嬢の主な仕事内容です。

もちろん、これらが全ての業務ではなく、他にもまだまだ沢山のことを覚えないといけません!ただしどれも最初から完璧にこなす必要はなく、時間をかけて体に叩き込んでいけば良いものばかりです。

また地域やお店によって、少しづつルールが違うこともあるので、まずは始めてみることをオススメします!

上野を始めとした体験入店についてはこちらで解説してるので、これから始めたい方は参考にしてください。