キャバ嬢の働くスタイル

キャバクラで働く30代のキャバ嬢が自覚しておくべきポイント5つ

キャバクラで働く30代のキャバ嬢は20代と比べてきつい?

30代のキャバ嬢は20代のキャバ嬢と比べて、若さ・体力などで衰える部分がどうしても出てきてしまい、世間では30代のキャバ嬢のことを「オワコン」などと言うことがあります。

そんな風に世間では言われていると、「30代のキャバ嬢の私はきつい?やめた方がいい?」なんて思うかもしれませんが、その心配は必要なく、30代にしかない魅力や持ち味を発揮すれば大丈夫です!

実際に僕がキャバクラの店長やボーイをしていた時代に、指名を取っている30代のキャバ嬢はいました。

もちろん20代のほうが指名を取る難易度は下がりますが、「30代だから指名が取れない」なんてことは全くありません。

今回は自覚すべきポイントを5つ紹介するので、最後まで見てくださいね!

30代のキャバ嬢が自覚しておくべきポイント5つ

①20代と同じ土俵に上がらないようにしよう

20代のキャバ嬢がお客さんから指名をとるには、可愛くて明るく元気に接していれば大丈夫ですが、30代のキャバ嬢が同じようにやっても場違い感がありあまりよくないです。

30代のキャバ嬢がお客さんから指名をとるには、お客さんに対して癒しや安心感を与えることが大事です。

お客さんのお話をしっかり聞いたり、相手への思いやりや気遣いを忘れないようにしましょう。

20代は20代、30代は30代の土俵に上がるのが大事!

②世代で共感のあるお話をしよう

キャバクラのお客さんは比較的年齢層は高めなので、20代のキャバ嬢にはわからない世代の話や苦労話があったりします。

なので、そういったときは30代のキャバ嬢の出番です。

世代の話になったら、お互いの共通の話題ができ楽しくお話しすることができますし、

お客さんの苦労なことがあったら話を聞いて癒して与えることもできます。

世代や苦労の話は20代のキャバ嬢では難しいのでチャンスです!

③30代に見合ったキャバクラを選ぼう

体入ドットコム 六華画像引用元:https://www.tainew.com/shop/view/15483/

 

30代がキャバクラで働く上でお店選びは非常に重要です。

例えば、10代・20代のキャバ嬢が多く在籍する中、30代のキャバ嬢がポツンと入ってきた場合、指名や同伴の獲得数で圧倒的に不利になったり、働きづらかったりします。

なので、30代のキャバ嬢に見合ったお店としては

  • 姉キャバ
  • 熟女キャバクラ
  • 高級キャバクラ

あたりをおすすめします!

「姉キャバ」は20代半ばから30代半ばの女性が在籍しているキャバクラで、「熟キャバ」は30代以上の女性が在籍しているキャバクラのことです。

また、高級キャバクラに関しては客の年齢や質が高いので30代のキャバ嬢にとっては働きやすいといえます。ただ、高級キャバクラは採用が厳しいところが多いので、簡単に採用されるとは思わないほうがいいでしょう。

あとは東京都内で勤務できる30代の方は、新宿よりも上野などの下町溢れるキャバクラのほうがオススメです。

理由としては、上野には姉キャバや熟キャバなどのお店が多いからです。

上野のキャバクラ求人について書いてある記事はこちら

30代に合ったドレスを着よう

30代のキャバ嬢が20代のキャバ嬢と同じように、可愛いフリル付きのミニドレスを着るのはかなり無理があります。

なので、20代と張り合わず30代に合ったドレスを着ましょう!

そこで30代におすすめのドレスはロングドレスです。
実際に私がボーイ時代のときに働いていた30代キャバ嬢もロングドレスが多かったです。

ロングドレスは年齢を重ねるほど魅力的に着こなせるドレスなので、30代のキャバ嬢にはぴったりなアイテムと言えるでしょう。

30代のドレスは魅力的なものを選ぼう!

30代のキャバ嬢は40代になるまでに将来を考えよう

30代のキャバ嬢は20代のキャバ嬢と違う土俵で働けば大丈夫ですが、40代のキャバ嬢となると話が変わっていきます。

昔は取れていた指名がだんだんと減っていき、人気のある若い女の子にお客さんを取られることが多くなります。
また、40代になると身体が疲れやすくなり、体力的にキャバクラで働くのも厳しくなってきます。

40代の女性が夜の世界で働く場所としては、スナックのママ、クラブ、ラウンジあたりになってきます。

そのため、30代のうちに自分が40代になるまでに「このまま夜の世界で生きていくのか」、それとも「夜の世界を抜けてまた違う生活をするのか」考えた方がよいです。

30代のキャバ嬢はその後のことも考えよう!