キャバクラの基本的な知識

キャバ嬢の見た目に関する重要ポイント5つ│可愛くなくても大丈夫?

ルックス

キャバ嬢の見た目に関する重要ポイント

ルックス
テレビなどのイメージで、キャバクラは美人じゃないと働けないと思われることがあります。たしかに顔が可愛いというのも武器の一つですが、単に可愛ければ良いというものでもありません!

顔の良し悪しはキャバ嬢にとって、ただの指標の一つです。

実際、人気店のNo. 1を取るようなキャバ嬢でも、容姿は一般的なレベルであることも珍しくありません。ただ、だからと言って全く見た目に気を遣わないで良いかと言うと、それも間違いです。

ここではキャバ嬢として、気をつけておきたい見た目のポイントを紹介します!

太ってはいないか

キャバ嬢として働くのであれば、太るのは許されません。

「太ってる方が好きな人もいるんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、そのようなお客様は稀です。

少しふっくらした程度であれば、愛嬌や若さでゴマカシが利く可能性もあります。

しかしドレスの上からでも、お肉が乗ってしまうほどであれば考えものです。お店やお客様からクレームを受けてしまうこともあるでしょう。

太っているというのは見た目の問題だけでなく、だらしのない印象を与えてしまいかねません。

顔の良し悪しは遺伝ですが、太るのは自己管理ができていない証になってしまいます。

なので、日頃から太らないように

  • 仕事終わりにはご飯を食べない
  • 空いた時間にジムに行く
  • 休日はお酒を控える

のような努力を心がけましょう。

メイクが上手か

キャバ嬢にとってメイクは命です。

第一印象は3秒で決まると言われており、その大半は「見た目」によるものです。

かつてはキャバ嬢といえば、お酒で赤くなっても分からないほどの濃いメイクが主流でした。しかし現在はキャバ嬢ごとに様々で、ナチュラルメイクのキャバ嬢も珍しくありません。

自分の顔やお店のイメージに合ったメイクを研究して、ベストを見つけておきましょう。

また、

  • 暗い店内でも映えるようにする
  • 整形を疑われないように、ノーズシャドウや涙袋はやり過ぎない
  • グラスにつきにくいリップを選ぶ

のように水商売特有の工夫も必要な場合があります。

特に目や口は笑ったときの印象にも影響するので、接客業において非常に大切です。

ポイント

野暮ったい目やカサカサの唇では、きれいな笑顔は作れないので対策しておきましょう。

髪をキレイにしているか

キャバ嬢にとって髪の綺麗さも重要なポイントです。

お店によっては毎日のようにセットに通う必要があるので、髪が痛みがちです。

また店内で目立つようにハイトーンの髪色にするキャバ嬢も多いでしょう。

それでも営業のためには、ヘアセットやカラーなどは欠かせないので、その分しっかりとケアしておきましょう。

日頃から、

  • どれだけ酔っていても、お風呂に入ってから寝る
  • 自分に合ったトリートメント類を使う
  • 正しい方法でドライヤーを使う

などのケアが必要です。

またお金や時間に余裕があれば、月に何度かは美容院やサロンで、プロの力も借りましょう。

歯の手入れをしているか

キレイな笑顔でいるためには、当然「歯」もキレイでなくてはなりません!

同伴や差し入れなどで、美味しいものや甘いものを食べるシーンも多いですが、しっかり手入れしておきましょう。

ポイント

特に、タバコを吸う人やワインをよく飲む人は注意が必要です。

最近は自宅でも手軽にホワイトニングができるので、気になる場合は試してみるのもいいかもしれません。

それに加え、歯並びも重要なポイントです。

多少お金や時間はかかりますが、輪郭もすっきりとするので歯列矯正をオススメします。

最近では歯の裏側から支えるリンガル矯正や、取り外しができるマウスピースでの矯正などもあるので、働きながらでも出来るものを探してみましょう!

全体的に清潔感があるか

キャバ嬢はそこにいるだけで、場が明るくなるような「華やかさ」が大切です。そのためには「清潔感」は基本中の基本です。

これまでの体型や髪、歯などももちろんですが、全体を通してみたときのクリーンな印象が大切です。

どんなに髪やメイクをキレイにセットしていても、

  • 爪が汚い
  • ヒールが擦り減っている
  • 姿勢が悪い

などは、それだけで台無しにしてしまいます。

また見た目の面だけでなく、所作や話し言葉なども人の印象に関係します。

身の回りに、見た感じは可愛いのに

「この子部屋汚そうだな。」
「なんかだらしないな…」

とイメージ出来てしまう人はいませんか?

人は無意識のうちに、いろんなポイントから情報を得て判断しています。

キャバ嬢なら身体はもちろん、動作の一つ一つまで気を配りましょう!

キャバ嬢の見た目以外で重要なこと

言動
キャバ嬢は身だしなみを整えるだけで務まる仕事ではありません。

次にキャバクラで働くために必要な見た目以外のポイントを3つご紹介します!どれも欠かせないモノなので確認しておきましょう!

細かい気遣い

キャバ嬢は「究極の接客業」と言われています。

日本は一般的なレストランであっても、そのホスピタリティが評価されていますが、キャバ嬢はそれだけでは足りません。

お客様のニーズやその場の空気を汲み取って、それに合わせた接客を行う必要があります。

そのためマニュアル化できる仕事も少なく、

  • 「今日は盛り上がりたいのかな?テンション高めでいこう!」
  • 「あんまり元気なさそうだし、話を聞いてみようかな。」
  • 「接待っぽいから、まずは聞き役にまわろう。」

と、その場その場で立ち回らなければいけません。

日頃から相手に興味を持つ努力や、細かなところに気が付く練習をしておくと役立つでしょう。

キャバクラに来るお金を持っているお客さん相手には、このような細かい気遣いが非常に有効的ですね!

怒らないための自制心

先程の気遣いの延長で、キャバ嬢が怒ることは許されません。

お客様は良い人ばかりではないので、

  • 見た目をけなされる
  • どぎつい下ネタを言われる
  • 仕事についてバカにされる

など頭にくることも沢山あります。

お酒の勢いで、ついカッなってしまう場合もあるでしょう。しかしキャバ嬢であれば、言い返したい気持ちを沈めた上で、機転の利いた返しをしなければいけません。

気が立たないようにアンガーマネジメントの勉強をしたり、そもそも気にしないようなメンタルが備わっている人は向いているでしょう。

リアクション

売れるキャバ嬢のほぼ全員が「聞き上手」です。お客様がついつい話し過ぎてしまうようなリアクションを習得しましょう!

これが出来るかどうかで、指名本数や売上が変わると言っても過言ではありません。

大袈裟に手を叩いて笑ってみたり、相槌を少し増やしたり、時には軽いボディタッチを入れるなどは、ベタですが有効です。

ポイント

聞き役の会話術であるオープンクエスチョンやバックトラッキングを学んでおくのも良いでしょう。

No.1キャバ嬢全員が可愛いわけじゃない

ランニング
どうしても「キャバ嬢=美人」と思われがちです。しかしキャバクラは「可愛さ」を売っているわけではありません。

お客様に「今日は楽しかったな」と思ってもらうことが重要なので、見た目は単なる指標の1つです。

実際、顔が整っている女の子が入店しても、うまく指名が取れずにやめていく場合あります。

なのでキャバ嬢として働くのであれば、自分の長所を伸ばして、それにあった接客スタイルを見つけましょう!