ボーイとの関わり

最初に知っておきたい!キャバクラの色恋管理について元ボーイが解説

人々

キャバクラの色恋管理とは

人々
キャバクラには独自の文化やルールが沢山あります。その中でも、水商売らしいシステムが「色恋管理」です。

そもそも「色恋」とは男女間の恋愛のことを言いますが、ここでは「ボーイとキャバ嬢の恋愛」を指します。

しかしキャバクラではお客さんに疑似恋愛をウリにしている面もあるので、「風紀違反」として硬く禁止しています!

お店によっては、50〜100万円ほどの法外な額の罰金が設けられていることも珍しいことではありません。

それに対して「色恋管理」とは、ボーイがあえてキャバ嬢と恋愛関係になって、うまくコントロールしようとすることを言います。

この場合には店長やオーナーが、ボーイに指示を出しており、

  • 出勤管理をし易くする
  • キャバ嬢のモチベーション向上
  • わがままを言わせない
  • お店をやめないようにする

などを目的に行われます。

基本的には売上を持っているような、売れっ子キャバ嬢を対象にすることが多いとされています!

最近のキャバクラでは色恋管理は見かけない

夜
一見、しっかりとしたメリットがあるようにも見える色恋管理ですが、現在はあまり見かけません。

そもそもあえて恋愛関係になることも珍しく、お客さんにバレればお店自体の信用問題に関わります。

それ以外にも、

  • モチベーションが上がるとは限らない
  • ボーイの負担が大きい
  • お店全体の信頼関係が崩れてしまう
  • 本当に恋愛関係に陥ってしまう
  • 関係が終われば、結局辞めてしまう

などのデメリットも含んでいます。

ネットやSNSの普及により、色恋自体を隠すのが難しい時代にもなっているようですね。

他にもキャバ嬢自体に、昔ほどの野心家や我の強い女性がいて、コントロールが聞かないという状況も少なくなったことも影響しているでしょう。

そのため現在ではキャバ嬢とボーイは、単なるビジネスパートナーとしての関係のままでいることが当たり前とされています。

仕事と割り切れば色恋管理に惑わされない

ノート
とはいえ、キャバ嬢は異性との出会いが少ない仕事です。毎日のように顔を合わせて、仕事の相談をしている内に、自然とボーイを好きになってしまうこともあるかもしれません。

しかし現在でも、完璧に色恋管理がなくなった訳ではありません!昔カタギなお店やどうしても管理したいキャバ嬢がいれば、実施するお店もあります。

ただし付き合えたとしても「色恋管理じゃないのかな…」と、いつまでも心配がつきまとうのは目に見えています。

またバレた場合には罰金はもちろん、お店自体を辞めさせられてしまう可能性もあります!

なのでどれだけ仕事中は仲のいいボーイでも、出勤時間以外は連絡を取らないようにしたり、普段は絶対に会わないことが大切です。

あくまで「キャバクラ=仕事場」として割り切って考えましょう!

キャバ嬢として快適に働く上でも、ボーイとはビジネスパートナーとして付き合うことが適切です!

キャバ嬢に向いている人の共通点はこちらで紹介しているので、興味のある方は覗いてみてください。