キャバ嬢の働くスタイル

キャバ嬢は貯金いくら貯まるの?お金の使い道などのお金事情

ぶたの貯金箱

キャバ嬢は貯金がいくら貯まるのか

ぶたの貯金箱
キャバクラで働いている人の中には、貯金額を目標にしている人も多いのではないでしょうか。

実際にキャバ嬢の中には目標額を貯めきって、スパッと辞めていく人も少なくありません。

キャバクラはどんなに若くても、努力次第でいくらでも稼げる仕事です。忙しい時期には、ひと月で150万円ほどを稼ぐこともあるしょう!

お店の規模や地域などにもよりますが、3年もあれば多少の贅沢をしていても、1,000万円は十分に貯められる印象です。

もし収入が増えても、一般的な生活レベルでやりくりできれば、その倍の2,000万円も夢ではありません!

そのため将来を見据えて、早い内からお金を貯めたいと思っている人には、とてもオススメの仕事と言えるでしょう。

実際のキャバクラの給料事情はこちらで解説しています!

キャバ嬢の買い物リスト

買い物
キャバ嬢はお金が入る分、使う金額も次第に増えていきがちです。住む場所のグレードが上がるのは、セキュリティなどの部分から見ても必然的とも言えます。

その他であれば、どこに使うかは人それぞれですが、

  • ペット
  • 時計
  • アクセサリー
  • 洋服
  • バック

などは、多くのキャバ嬢が買うことになるでしょう。

これらは一種のステータスであり「キャバ嬢同士の見栄の張り合いなのかな?」と思うこともありました。キャバ嬢を始める前はブランド物に興味のなかった女の子も、キャバクラで働けば変わります。

ただしこれらはお客さんから、プレゼントしてもらうケースも珍しくありません。

ボーイ時代、クリスマスなどのイベントの時には、バックヤードがブランド物のショッパーで、いっぱいになっていたのが懐かしい思い出です。

退勤時間には送りの車と別に、荷物用のタクシーを呼んだこともありました!

またこれらの他にも、

  • 大学の奨学金
  • 留学
  • 旅行
  • エステ
  • マツエク
  • ジム
  • 整形
  • 歯列矯正
  • お店の開業資金

など、自分への投資や夢、経験にお金を使う人も多かったように思います。ただこれらの中でもエステやマツエク、ジムなどは仕事の一環でもあります!

日頃、不規則な生活になることが多いので、メンテナンスのためにも、多少のお金が必要になることもあるでしょう。

また仕事の経費で言えば、

  • ヘアメイク
  • 送迎費
  • お客様へのプレゼント
  • 同僚への差し入れやプレゼント

などにもお金が掛かります。

このようにキャバ嬢として頑張っていれば、使うべき金額も増えますが、大概のものも手に入るようになるでしょう!

キャバ嬢は金銭感覚が狂いやすいので注意

パーティー
やはり大きなお金が入るようになると、どうしても財布の紐が緩くなりがちです。以前はキチンと貯金して、必要のない物は買わなかったような人も、キャバクラを始めて変わってしまうこともあります。

金銭感覚はマヒするのは一瞬ですが、一度狂ってしまうと中々戻りません。

実際、夜の仕事をやめられない人の多くが、この金銭感覚で悩んでいます。

お昼の仕事の給料では生活できなかったり、固定給に刺激が足りなくなったりして、出戻りを繰り返すキャバ嬢も少なくありません。

そうならないためにも、どれだけ稼いだとしても使うお金を増やさない努力が大切です!