キャバ嬢の働くスタイル

大学生にこそキャバクラのバイトをオススメしたい5つの理由

大学生

大学生にこそキャバクラをオススメしたい理由

大学生
夜の仕事は、

  • 「嘘ばかりついて、性格が悪そう。」
  • 「だらしない人が多いんじゃない?」
  • 「軽そうな女と思われたくない。」

など何かと偏見の目を向けられることが多くあります。

しかしその多くはただの誤解であることばかりです。働いてみると分かりますが、キャバクラは沢山のメリットが得られる職場です!

その中でも、大学生とは相性がバツグンです!

実際に学校に通いながら、月に100万円以上を稼いでしまう女の子もいます。

そこでここからは、キャバクラが大学生にオススメの理由を5つに分けてご紹介します。

社会経験ができる

社会経験のためにアルバイトをする人も多いかと思います。

ただし残念ながら、コンビニや居酒屋のバイトでは、社会経験と言えるほどの仕事を任されることはあまりありません。その点キャバクラでは、自分の行動次第で何百万円というお金を生むことができます。

またお客さんの中には、接待で利用される人もいるので、リアルなビジネスシーンを垣間見ることも出来ます。

そのような経験の中で、納得のいかない意見でも飲み込んだり、自分の感情を押し殺したりと、社会の厳しさを学ぶこともできるでしょう。

このように「大人の社交場」であるキャバクラは、学生のうちから直に社会を体験できる数少ない職場と言えます!

短時間で効率的に稼げる

やはりキャバクラの魅力を語る上で、その「お給料」は欠かせません。時給だけを見ても、普通のバイトの倍以上はもらえることが一般的です。

またアルバイトのように、

「今月は10万は稼ぎたいから、◯時間は働かないと…」

と計算する必要はありません。

キャバ嬢は「時給+バック」のような出来高制が基本なので、努力次第でいくらでも稼ぐことができます!太いお客様を捕まえられれば、超短時間でも満足のいく金額を得られることもあるでしょう。

逆に始めたてで「上手くお客様がつかない…」という場合も問題ありません。

キャバクラにはあらかじめ決められた「保証給」と呼ばれる最低保証のシステムが用意されています!

仕事としては当たり前ですが、お金を稼ぐためにはこの上ない環境でしょう。

他にも…

同伴やアフターなどで美味しいものが食べられたり、運が良ければブランド物を買ってもらえるなど、間接的にも嬉しいメリットがあります!

若い人が受かりやすい

キャバクラは他の仕事と比べても、寿命の短い仕事です。そのため18歳を超えてさえいれば、若ければ若いほど面接に受かり易い傾向があります!

もちろんある程度のマナーや教養があることが前提ですが、大学生であれば、その点は問題ないでしょう。

お客さんからのウケも良いので、一般的にはマイナスとなるような

  • メイクが下手
  • お酒が得意じゃない
  • 人と話すのが苦手

という面も、ノリや愛嬌で誤魔化せることも少なくありません。

「若いから」というのは、この業界では大きな強みなので、こちらからすれば迷う時間も惜しく感じてしまうほどです!

シフトに融通が効く

キャバ嬢には、アルバイトや正社員という枠組みがなく、シフト制が基本です。そもそもキャバクラは一般的な規模でも、30人ほどのキャストを抱えていることが一般的です。なので、ある程度はシフトの融通が効くでしょう。

また余程の有名店や人気店でない限り、フル出勤が当たり前とされる風潮もありません。

そのため子育て中の主婦や昼職との兼業OLのキャバ嬢も沢山います!

週末や年末年始などの繁忙期は、多少の催促はあるかもしれませんが、それを踏まえても自分の都合で出勤管理がしやすい環境です!

就活に有利になる

一見、夜の仕事は就活には不利に聞こえるかもしれませんが、それは間違いです。キャバクラは、お金以外にも様々なスキルが身につきます。

年上の方とも臆せずに話せるようになったり、運が良ければ行きたい業界のコネが作れることもあるでしょう。

その中でも気遣いや空気を読む力は、就活においても大変役立ちます。

キャバクラで働いていると、相手の言葉や雰囲気を見て、

  • 「この人は褒めて欲しいのかな。」
  • 「大袈裟に笑った方が嬉しそう。」

と臨機応変に動くクセがつきます。

特に企業の面接では、面接官の理想の答えを返せるかどうかが勝負です。

「夜の仕事をしていた」という経歴は、一部の企業には役に立たないこともありますが、身についたスキルは今後も大きな武器として使えるはずです!

大学生は整形費用のためにキャバクラでバイトする人が多い

スキンケア
これまでキャバクラの面接に来る人は、

  • 留学の費用を貯めたい
  • 奨学金を返したい
  • お店の開業資金を稼ぎたい

などの志望理由が多かったように思います。

しかし最近では、整形がより身近なものになったことから、その費用のためにキャバ嬢になりたがる人が非常に多くなっています。

そもそも昔から、夜の業界では整形をする人は珍しくありませんでした。

目頭切開や脂肪吸引、ヒアルロン酸など規模の大小はありますが、整形をしている人を見つけるのは、そこまで難しいことではありません。

なので今現在、整形で悩んでいる人や費用を貯めたい人は、キャバクラを通して良い相談相手ができることもあるでしょう。

キャバクラに偏見がある人ほど働いてみるべき

シャンデリア
冒頭の通り、キャバクラは様々な偏見や差別をウケがちです。

「お金のために夜の仕事をするなんて…」

と言う人もいますが、そういう人は大抵キャバクラに入ったこともない人ばかりでしょう。

しかし実際のところは、お金はもちろん何かとメリットの多い仕事です!社会に出てからしか学べないことや、生きていく上で役立つスキルを効率よく学ぶことができます。

「キャバ嬢なんて…」と思っている人こそ、キャバ嬢の魅力を身をもって知ってみてはいかがでしょうか!

初心者でも気軽に働ける短期のキャバクラバイトの注意点はこちらで解説しています。