キャバクラ体験談

キャバクラ初心者が働く前に質問したいQ&A【まとめ】

疑問

キャバクラの働き始める前の質問

疑問
ここではキャバクラで働く前にありがちな3つの疑問に、元ボーイの立場から答えていきます!

今キャバ嬢をやるかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

Q1.キャバクラは未経験からでも働ける?

A.全く問題ありません!

今現在テレビで活躍しているような売れっ子キャバ嬢も、最初はみんな新人でした。

キャバクラを始めるために、特別なスキルや学歴は全く必要ないので、心配は入りません。夜の仕事を始めるのは少し勇気がいると思いますが、ぜひ挑戦してみてください!

どうしても心配なときは、体験入店に行ってみることをオススメします!

きっとボーイや先輩キャバ嬢が手取り足取り教えてくれるはずですよ。

Q2.寮完備のキャバクラは絶対寮に入れる?

A.残念ながら、求人に「寮完備」「即入居可!」と書いてあっても、空室がない場合があります。

その辺はキャバ嬢の出入り次第なので、事前に電話で確認しておきましょう!

また空きがあったとしても、

  • 不衛生
  • フル出勤を強要される
  • 複数人での相部屋
  • 寮費が割高

など、何かとデメリットもあるので、よく調べてから入寮することをオススメします。

また水商売をやっていると、なかなか賃貸などの審査が通りにくいのが現状です。そのため寮がなくても、お店がある程度住む場所まで面倒を見てくれる場合もあります!

特に、大手のキャバクラグループなどは不動産にも強いパイプがある場合があるので、そういうお店に相談してみるのもオススメです。

Q3.体験入店をしたら必ず働かないといけないの?

A.全くそんなことはありません!

実際に体入後に来なくなったキャバ嬢もたくさんいました。

こちらからすると少し残念ですが、キャバクラは「合う合わない」がハッキリと分かれるので、特に何か思うことありません。

体入とは、そもそもそういうものです。(笑)

求人サイトに掲載した週などは、何人もの女の子が体入にくるので、こちらも慣れているので、軽い気持ちで来ていただいて構いません。

ただし水商売は昔カタギなお店もあるので、悪質なお店もあります。

万が一、お金を請求されたり、何度も電話が掛かってくるようであれば、すぐに警察に相談しましょう!

体験入店についてはこちらでさらに詳しく取り上げています。

キャバクラで働き始めてからの質問

乾杯
次に、実際にキャバクラで働くことになってからの質問に答えていきます!

こちらも全部で3つですが、面接などでは直接聞きにくいものを選んだので、ぜひ参考にしてみてください!

Q1.求人情報に書いてある通りの給料はもらえる?

A.求人に「時給3,000〜」と書かれていれば、その金額を切ることはまずありません!

ただそれ以上の金額を出すかどうかは、お店によりピンキリです…

うちのお店は面接に来たときのインパクトで決めていました!

パッと見た印象や面接の内容で、

  • 「これだけ愛嬌があれば売れるな。」
  • 「この子は未経験だけど、きっと伸びるな!」
  • 「他店でも頑張ってたみたいだし、大丈夫そうかな。」

と感じたら、こちらも時給を高めに設定します。

もし安い金額を提示して、その子を他店に取られてしまってはいけないので、多くのお店が同じようなスタイルで決めていると思います!

ポイント

面接がボーイではなく、店長やオーナーの場合は、特にその場で決められることが多いですよ!

Q2.お酒は飲めなくても大丈夫?

A.これもお店によりますが、そこまで問題ありません!

入店前にキチンと飲めないことを話して、理解のあるお店を探しましょう。いくつかは落とされるかもしれませんが、嘘をついて入ってもしんどい思いをするだけです!

確かに水商売ではお酒が強いのに越したことはないのですが、飲む以外の武器を見つけられれば問題ありません。

キャバ嬢の仕事は「お酒を飲むこと」ではなく、「お客様を楽しませること」にあります!

ただし一つ気をつけたいポイントが、稼げない可能性もあることです。

キャバクラの売上の大半はアルコールによるものです。そのためキャバ嬢のお給料を左右するバック制度も、お酒でのウエイトが高い場合があります。

なので、お酒が全く飲めない場合は、そもそもの時給が高いところや指名本数を重要視しているお店を探すことをオススメします!

Q3.お客さんから指名が貰えなかったらどうなるの?

A.指名が取れないからといって罰金などはありません。

しかし仕事への姿勢次第では減給などの処置をするケースがあります。

例えば、

  • 接客にやる気が見られない
  • 注意しても営業をかけない
  • よく遅刻してくる

のようであれば、要注意です。

キャバクラはチームワークも時には大事なので、他のキャストにも悪影響が出そうであれば、こちらから忠告する場合もあります。

ただし頑張っているのに結果が出ないキャバ嬢であれば、こちらも何も言いません。普段は売れている子でも、なぜか指名がなかなか取れない時もあります。

特に初心者のうちは、自分の接客スタイルや得意な客層も分からないことが普通です。

指名本数どうこうよりも、仕事への姿勢の方が大切です!

キャバクラの人間関係の質問


水商売は何かと独特のルールやマナーも多く、人間関係にも少し違いがあります。

ここでは働いてみないと分からないキャバクラの人との付き合いに関しての質問に答えていきます!

Q1.キャバ嬢同士の派閥争いはある?

A.「派閥争い」と言えるほどの、バチバチしたものはありません。

ただし一般的な規模のキャバクラであっても30人ほどは在籍しているので、ある程度の派閥は存在します。

それでも派閥同士でわざわざ喧嘩することもありません。

なので派閥というよりは、単なる仲良しグループという方が適切かもしれませんね。

ドラマや映画の影響で、ギラついたイメージがあるかもしれませんが、実際に働いていてもキャバ嬢同士は仲がいい場合が多いです。

めんどくさいお客さんなどの共通の敵が出来やすいので、仲良くなりやすんじゃないかなと思っています!

Q2.お客さんとの恋愛はある?

A.数は少ないですが、何人かは付き合っている人もいました。

中には、そのまま結婚した人もいます!

実際、お店側もキャバ嬢とボーイの恋愛は禁止でも、お客さんとの恋愛には口出しはしません。特にキャバ嬢を続けていれば、お客様以外の出会いはほとんど無くなってしまいます。

なのでお客さんに好意を抱くのも自然といえば、自然ですね!

Q3.ヤクザのような怖い人はいる?

A.残念ながら、そのような関わりがあるお店もなくはないでしょう。

最近では警察の取り締まりも徹底されていますが、地域によってはまだ残っているケースがあります!

ただし日頃からお店に出入りするわけでもなく、キャバ嬢が直接関わることも基本的にはありません。多くのケースでは、お店に「出店料」や「営業許可料」として、みかじめ料を要求することが多いようです。

また元キャバクラボーイとしてはこのようなお店ももちろんですが、ヤクザの入店を許可しているお店も避けるべきだと思います!

この場合は直接関わりを持つしかなくなるので、よりリスクが大きいです。

お店のホームページや入り口付近に、

「暴力団関係者の方の入店をお断りします。」
「暴力団員、入店禁止」

などの文言や貼り札があるかを確認しておくことをオススメします!